工法・構造

住宅の工法は様々ありますが、家蔵の家づくりは2つの工法を採用しており、構造の材質はいずれも木です。理由は、開口部を大きくとれて、設計の自由度も高く、明るく風通しのよい家を作ることができるためです。
採用する工法の1つは、柱や梁などを軸組で組んで骨組みを作り、それで建物の重さ(荷重)を支える「木造軸組工法」で、もう1つは、軸組工法に耐力壁としてのパネルを組み合わせてつくる「木造軸組パネル工法」(当社はスーパーウォール工法を採用)です。

住宅の構造・工法分類



2011(c)家蔵 Copyright All Rights Reserved.