Z様邸基礎工事(12/19現在)

P1000912

配筋状況

P1000930

鉄筋を組みます

P1000974

型枠(コンクリートを流し込む型)を造ります

P1000968

コンクリートを流し込みます


基礎の配筋状況です。
現場では基礎の配筋が終わった段階で、
住宅瑕疵担保保険の第三者の検査を受けます。
もちろん当社での自主検査も行っていますが、
審査機関が検査に入る事でより確かな品質確保が出来るのです。

基礎の配筋で肝心なところは写真のような鉄筋の接続部分です。
基礎は鉄筋コンクリート造ですが、
鉄筋の重なりや長さが不足すると、
その構造耐力は十分に発揮出来なくなってしまいます。
ですので、当社では全ての箇所で構造規定どおりに造られているか、
丁寧に確認することで優良な品質確保を行っています。


2011(c)家蔵 Copyright All Rights Reserved.