T様邸新築工事(12/14現在)

P1000878

基礎部のコンクリートを型枠に流し込みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コンクリート強度試験のための試験体

P1000972

悪天候の中で作業員さんもがんばっています

P1000976

基礎部のできあがりです


基礎工事です。
家の土台となる型枠にコンクリートを流し込み基礎を造ります。
丸い筒が何か所か入っていますが、
これはボイドスリーブと呼ばれる紙製のもので、
コンクリートが固まった後に取り除き、
その穴の中に給排水の配管が設置されるのです。

コンクリートを打設する際は、必ず試験体を採取します。
計画段階で予定されている強度以上のものができているか、
この試験体を第三者機関の試験場に持ち込み検査してもらいます。
その他にも、生コンの空気量や塩化物量等が適正であるかも検査しています。

こうやって建物を長期にわたり支える重要な基礎部分が作られています。


2011(c)家蔵 Copyright All Rights Reserved.